沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍事件受けた防犯カメラ、維持コスト高く市町村の設置半減

2017年5月14日 12:04有料

 昨年発生した元米海兵隊員の軍属による暴行殺人事件を受け、国が全額補助する「防犯灯・防犯カメラ等緊急整備事業」で、国が発表した防犯カメラの整備台数が、実際には半数程度となる見込みであることが13日、分かった。国は沖縄県内市町村の設置要望数を精査せず、拙速に予算化。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間