日本各地で建設が進む風力発電設備が「安全保障上の障害」となる恐れが出てきた。政府は、攻めのエネルギー戦略と守りの安全保障との間で板挟みに。