【横浜】横浜市のニュースパーク(日本新聞博物館)で11日、座談会「地元紙が伝える沖縄 これまでと今、そしてこれから」が開かれた。県内2紙の編集局長らが、50年の節目を迎える日本復帰の意義や、報道の役割などについて語り合った。沖縄タイムスの与那嶺一枝局長は「沖縄では米軍が優先され、人権や自治権が保証されない状況が続いている」と日本に復帰しても変わらない不平等を指摘した。

日本復帰に関する報道などについて語る沖縄タイムスの与那嶺一枝局長(中央)と琉球新報の松元剛局長(右)=11日、横浜市のニュースパーク

 与那嶺局長は、朝日新聞社と共同で企画した連載や、デジタルでの写真展などの日本復帰に関連した紙面展開を報告。「基地問題だけでなく、社会生活やスポーツ、文化などでも復帰を伝える多面的な報道を心がけた」と話した。

 琉球新報の松元剛局長は「基地問題は差別との表現が増えている。不平等がずっと続く状況で、差別という強い言葉を使わざるを得ない」と話した。

 新聞通信調査会の河原仁志常務が司会を務めた。座談会は、ニュースパークで開かれている企画展「沖縄復帰50年と1972」の関連イベント。企画展は9月4日まで。(東京報道部・照屋剛志)