【平安名純代・米国特約記者】在沖米海兵隊のグアムなどへの移転計画について、米議会調査局(CRS)が最新報告書(5月6日付)で、再編完了後に沖縄に残る海兵隊の人員数は不明などと指摘していたことが分かった。グアム移転が沖縄の基地負担軽減につながるかが改めて問われそうだ。

 同報告書は、インド太平洋地域における地上部隊や海兵隊の役割や課題などについてまとめたもの。

 在沖米海兵隊の移転計画について「早ければ2024年10月に...