沖縄県の名護市消防本部の安里順消防長は6日、人命救助に貢献したとして名護市の上間太精さん(66)に感謝状を手渡した。

(資料写真)ハンカチ

安里順消防長(右)から感謝状を受け取った上間太精さん=6日、名護市消防本部

(資料写真)ハンカチ 安里順消防長(右)から感謝状を受け取った上間太精さん=6日、名護市消防本部

 上間さんは4月19日、同市三原の道路で仕事の交通誘導をしていた時、近くで草刈りをしていた高齢の男性が溝につまずいて転倒するのを目撃した。上間さんが駆け寄ると、男性は頭から出血し、意識がもうろうとしていたという。

 上間さんはすぐに持っていたハンカチで男性の傷口を押さえて止血し、119番通報。さらに男性の安全を確保した上で、救急車を現場まで誘導した。

 同消防によると、男性は頭を打ち、出血もひどかったため、上間さんの応急措置が男性の命を救ったという。

 上間さんはこれまで、救命措置の講習を何度か受講したことがあるといい「その経験もあって、冷静に対応できた」と振り返る。「当たり前のことをしただけ。男性が無事でほっとした」と笑顔を見せた。

 安里消防長は「とても勇気のある行動。的確な判断をしていただいたことに感謝したい」と話した。

(北部報道部・西倉悟朗)