中国から東南アジアにかけて分布し、国内には渡りの途中にまれに飛来する旅鳥コウライウグイスが5月21日、沖縄県多良間村塩川で観察された。農業の羽地邦雄さん(74)が撮影した。全長25センチほど。全身が鮮やかな黄色で、目の周りから後頭部へ黒い線がつながる。 羽地さんは「松の木の枝に止まっていた。