電光掲示板に流れた文字通り、宮里優作選手(36)は「いちばんちゅーばー!」だった。日本プロ日清カップ最終日の14日、宮里きょうだいの次男、優作選手の優勝に父優さん(70)、母豊子さん(66)、兄の聖志選手(40)と妹の藍選手(31)は肩を抱き合い、涙と笑顔で勝利を祝福した。