先週内閣府から公表された今年1~3月期の実質国内総生産(GDP)2次速報によれば、経済成長率は前期比年率0・5%減となり、1次速報の同1・0減から上方修正されました。