14日午前10時ごろ、沖縄県国頭村比地の大国林道で、土砂崩れが起きているのを通りかかった男性が見つけた。のり面が崩れて大量の赤土や草木が道路になだれ込み、通行できなくなった。国頭地区消防本部によると、けが人はいない。

20メートル余りの高さからのり面が崩れ、土砂や草木で通行できなくなっている大国林道の長尾橋付近=14日午後0時50分ごろ、国頭村比地

 現場は比地農道との合流地点から約1キロの長尾橋の手前。発見した「やんばる黄金電気バス」運転手の桝田栄一郎さん(50)によると、13日午前10時ごろ通った際には異常はなかった。林道を管理する県が15日にも現場を確認し、対応を検討する。