自民党青年局はこのほど、沖縄の日本復帰50周年を記念したオリジナルのかりゆしウエアを制作した。青年局としては初めての取り組み。局所属議員の有志が今国会会期末の15日、かりゆしを着て本会議に臨む。

オリジナルかりゆしウエアを着用する自民党青年局のメンバー=15日、東京都・自民党本部

 かりゆしは、青年局のキャラクター「ファーストペンギン」をあしらった白色のデザイン。1着5千円で、300着を用意した。売り上げはウクライナの人道支援として全額寄付する。

 小倉將信青年局長は15日の記者向け説明会で「行動でウクライナへの支援、沖縄に対する思いの寄せ方を引き続き示していきたい」と述べた。