ちゅら はい、本当です(笑)。実は、私も家の中に使わないモノがたくさんあふれていたんです。収納もいっぱいで。

T そうなんですか!?

ちゅら そうなんです。でも片づけを通して必要なモノと不要なモノを仕分けていくことで、本当に必要なモノが少しずつわかるようになっていくんです。家の中にモノがあふれていると、家族にとって本当に必要なモノを見極めることはできません。必要なモノが分からないからこそ、ムダな買い物をしていると思いませんか?

T なんか禅問答みたいになってきましたけど、確かに必要かどうかまで真剣に考えていないかも・・・。

 

ちゅら ですよね。でも、捨てることを通してモノと向き合っていくことで、買い物の仕方が180度くらい変わるようになります。

T 180度!

ちゅら たとえば、クローゼットからあふれるほどの洋服で、この1年で着たものはどれくらいでしょうか? 1枚ずつ手に取って考えてみることで、よく検討せずに買って失ってしまったお金の大きさに気づくようになります。

T 確かに着ていない洋服、いっぱいありますね。

 

ちゅら あると思いますよ(笑)。私は使っていないモノを9割くらい処分しました。

T 9割! 捨てすぎですよ、いくらなんでも。

ちゅら 着ていない洋服も、高かったバッグも、使わない食器も全部捨てました。

 すごい(あんた、すごいよ=心の声)。

 

ちゅら 捨てるたびに「これ、高かったのにもったいない」と何度も深く反省したんです。でも反省するからこそ、モノを買う時には「本当に使うかどうか」慎重になり、お金の使い方が変わるようになるんです。

T 使わなくても、まだ価値はありますよ。

ちゅら 確かにもったいない感じはしますし、捨てない方がいいと考えるかもしれません。でも本当は、考え抜いて捨てることを通じて、お金の使い方を見直すことができるんです。

T セコいようですが、どうしても捨てたくない場合は?

ちゅら 人に譲るか、リサイクルショップやネットで売る方法もたくさんあります。

T あっ、こないだリサイクルショップにジャケットを売りにいこうとしたら、「冬物は今だと10円ですが、秋に来たたもう少し高くなりますよ」とアドバイスもらいました。

 

ちゅら 良心的な店ですね。まあ、かかる時間と手間で考えてください。

T フェイスブックでも「売ります・買います」的なコミュニティがあって、知人がそこを利用しています。

ちゅら これもネットのいい点です。

T おすすめのサイトやアプリはあるんですか?