平年より6日早い5月4日に梅雨入りしたとみられる県内では15日、曇りや小雨の合間に青空が見えるなど不安定な天気となった。全国では同日に東北地方が梅雨入りしており、梅雨前線が北上すれば沖縄の梅雨が明ける。

連なった赤い鳥居の前で曇り空を見上げるようなしぐさを見せる猫=15日、那覇市・達磨寺西来院(銘苅一哲撮影)

 那覇市首里赤田町の達磨寺西来院では午後1時過ぎ、雨上がりの境内で猫が昼寝をしていた。猫は時折曇り空を見上げるようなしぐさを見せ、近くで鳴くセミの声が夏の予感を漂わせた。

 気象庁の1週間予報によると、沖縄本島は16日から18日までは曇りや雨で期間の後半から高気圧に覆われて晴れる見込み。県内の梅雨明けは平年が6月21日で昨年は7月3日だった。(社会部・銘苅一哲)