米国が有機フッ素化合物の生涯健康勧告値を大幅に引き下げたことに、沖縄県の玉城デニー知事は16日、「厳格化は大歓迎だ」と述べた。 県庁内で本紙の取材に答えた。日本政府は米国の対応を精査すべきだとも指摘した。 また、県内のPFAS問題では汚染源の特定が必要だと強調。