高校野球の第104回全国選手権沖縄大会が18日、開幕した。約1カ月に渡り、66校61チームが夏の甲子園出場を懸けた熱戦を繰り広げる。

開始式で選手宣誓する美里工業の阿良皓太主将=18日午前、沖縄セルラースタジアム那覇(小宮健撮影)

高校野球沖縄大会の組み合わせ表

開始式で選手宣誓する美里工業の阿良皓太主将=18日午前、沖縄セルラースタジアム那覇(小宮健撮影) 高校野球沖縄大会の組み合わせ表

 新型コロナ感染防止のため、全チームが参加の開会式を行わず、沖縄セルラースタジアム那覇の第1試合に出場するKBC未来沖縄と那覇商業の2校で開始式を実施した。

 式では、美里工業の阿良皓太主将が「本土復帰50年の節目の年。素晴らしい環境で野球ができることに感謝し、気迫あふれるプレーで最善を尽くすことを誓う」と選手宣誓した。

 第1日は同日、3球場で1回戦7試合を行う。決勝は7月17日を予定。優勝校は8月6日に阪神甲子園球場で開幕する全国選手権に沖縄代表として出場する。