沖縄県民主医療機関連合会(沖縄民医連)は20日、経済的な理由による受診控えで死亡したとみられる事例が2021年に県内で1件あったと発表した。座波政美会長は「もっと早く受診すれば助かったかもしれない。