陸上自衛隊那覇駐屯地は20日、2021年2月に与那原町の自宅で妻に押し倒すなどの暴行をして全治3カ月のけがをさせたとして、第15旅団司令部に所属する3等陸佐の30代の男性を停職7カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は20日付。

沖縄県内

 男性は2月に、県警に傷害容疑で逮捕されたが、その後不起訴になった。井土川一友旅団長は「指導を徹底し再発防止に努めていく」とコメントした。