沖縄戦跡国定公園内にある糸満市米須での鉱山開発を巡り、総務省の公害等調整委員会(公調委)の裁定委員会が示している事実上の和解案に、県が合意を検討していることが20日、分かった。工事中に遺骨が見つかった場合の収集や、掘採終了部分の順次埋め戻しなど6項目を業者に求めている。