沖縄県が、国民保護法で定められた「武力攻撃予測事態」を想定して、住民を県外に避難させるための独自の図上訓練を、2022年度末に初めて実施することが21日、分かった。