事前に「無風選挙」といわれた選挙でも、一部では必ず事前の下馬評と異なる結果が出る。近年、その最大の「変数」となっているのがネット世論の存在だ。