第26回参院選は22日、公示された。沖縄選挙区(改選数1)には午前8時30分時点で、現職と新人4人の計5人が県選挙管理委員会(当山尚幸委員長)に立候補を届け出た。18日間の選挙戦が幕を開けた。

伊波洋一氏

古謝玄太氏

山本圭氏

河野禎史氏

金城竜郎氏

伊波洋一氏 古謝玄太氏 山本圭氏 河野禎史氏 金城竜郎氏

 立候補したのは、届け出順に、「オール沖縄」勢力が推す現職の伊波洋一氏(70)=無所属=、自民党公認で新人の古謝玄太氏(38)=公明推薦=、NHK党公認で販売業の新人、山本圭氏(42)、参政党公認で元警察官の新人、河野禎史氏(48)、幸福実現党公認で同党県本部統括支部代表の新人、金城竜郎氏(58)。各候補者は立候補を届け出後、県内各地で第一声を上げる。

 新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ経済や暮らしの立て直し、名護市辺野古で進む新基地建設の賛否が主な争点。沖縄選挙区は、県内政局最大のヤマ場となる9月の知事選の前哨戦に位置付けられ、オール沖縄と自公の激しい攻防が予想される。

 投票率も鍵を握る。直近19年の参院選沖縄選挙区は49・00%で、補選を除き国政選挙で初めて50%を切り、過去最低だった。  県内の登録者数は21日現在、117万9408人(男性57万5061人、女性60万4347人)。  在外選挙人名簿登録者数は3561人で、県内の登録者数を加えた合計は118万2969人。