牛丼チェーン大手の吉野家は22日、公式ツイッターを通じて、4月に新発売した「親子丼」をまもなく終売すると伝えた。

吉野家、10年ぶり『親子丼』がまもなく販売終了へ

【写真】「生娘シャブ漬け」発言に抗議…受講生が吉野家に送った要望書

 ツイッターでは【親子丼、まもなく販売終了のご案内】とし、「親子丼は販売開始以降、350万食ご愛顧いただきました。誠にありがとうございます!!」と感謝を伝えた上で、「食材がなくなり次第、販売を終了します。親子丼とまた会える日をお楽しみに…」と呼びかけた。

 吉野家の「親子丼」は4月19日に新発売。同チェーンでの親子丼は10年ぶりの復活とあって注目を集めた。特製たれをはじめ、卵・鶏肉・玉ねぎの食感や、ご飯とのバランスなどにこだわり、「箸やレンゲが止まらない、うまい・ やすい『親子丼』をコンセプトに商品開発を進めた」とし、開発に約10年かけたと説明。並盛り437円、大盛624円(ともに税込)で提供されている。

 発売にあたっては、直前に同社の常務取締役企画本部長(当時、その後解任)が、早稲田大学での社会人向け講座で不適切発言を行ったことが問題視され、予定されていた新商品発表会が中止となった。

 こうした騒動を受けても吉野家の「親子丼」はファンに評価され、ツイッターでの「終売予告」を受け、「えっ? レギュラーじゃないの?」「まだ食えてない」「レギュラー固定かと思って油断してたorz ぜひ継続して欲しいです!」などの声が寄せられている。

ORICON NEWSは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。