共同通信の参院選序盤情勢調査は、自民、公明両党の堅調ぶりと立憲民主党の苦境を浮き彫りにした。浮沈の鍵を握る改選1人区の多くで野党共闘が組まれず、過去2回の選挙と様相が異なる。与党は緩みを警戒、立民は...