囲碁の第9期会津中央病院・女流立葵杯3番勝負の第3局は24日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、挑戦者の上野愛咲美女流棋聖(20)が150手で藤沢里菜女流立葵杯(23)に白番中押し勝ちし、対戦成績2勝1敗でタイトルを奪取、女流棋聖と合わせ二冠となった。

 上野愛咲美新女流立葵杯

 藤沢前女流立葵杯の6連覇はならず、挑戦手合制のタイトルでは女流本因坊、女流名人の二冠に後退。女性2強を形成する両者が二冠ずつ分け合う形となった。(共同通信)