今年4月30日、京都府宇治市に「ウトロ平和祈念館」が開館した。戦前、飛行場建設に従事する朝鮮人労働者たちの飯場があったウトロ。解放後もとどまらざるをえなかった人びとの生活の場が、日本の司法により「不法占拠」とされ立ち退き寸前まで追い込まれた2000年、著者は取材を始めた。