【ブダペスト共同】水泳の世界選手権第7日は24日、ブダペストで行われ、アーティスティックスイミング(AS)のチーム・フリールーティン(FR)決勝で日本(藤井、比嘉、木島、佐藤友、鈴木、柳沢、安永、吉田萌)が93・1333点で銅メダルを獲得した。今大会のASで日本のメダルは6個目で、過去最多に並んだ。

 チームFR決勝 銅メダルを獲得した日本の演技=ブダペスト(共同)

 チームFR決勝 日本の演技=ブダペスト(共同)

 チームFRで獲得した銅メダルを手にする日本=ブダペスト(共同)

 チームFR決勝 銅メダルを獲得した日本の演技=ブダペスト(共同)  チームFR決勝 日本の演技=ブダペスト(共同)  チームFRで獲得した銅メダルを手にする日本=ブダペスト(共同)

 混合デュエットFR予選で、テクニカルルーティン(TR)銀メダルの佐藤友花、佐藤陽太郎組(ジョイフルアスレティックク)は88・9000点の2位で25日の決勝に進んだ。

 競泳予選で女子は50m平泳ぎの青木玲緒樹(ミズノ)が30秒80の全体12位で準決勝に進んだ。(共同通信)