【ブダペスト共同】水泳の世界選手権第7日は24日、ブダペストで行われ、男子100メートルバタフライ決勝で25歳の水沼尚輝(新潟医療福祉大職)が50秒94で銀メダルを獲得し、この種目の日本勢で初めて表彰台に立った。クリシュトフ・ミラク(ハンガリー)が50秒14で200メートルとの2冠に輝いた。

 男子100メートルバタフライ決勝 力泳する水沼尚輝。銀メダルを獲得した=ブダペスト(共同)

 世界水泳の男子100mバタフライで銀メダルを獲得し、笑顔の水沼尚輝=24日、ブダペスト(AP=共同)

 女子50メートル平泳ぎ準決勝のレースを終えた青木玲緒樹。決勝に進めなかった=ブダペスト(共同)

 男子100メートルバタフライ決勝 力泳する水沼尚輝。銀メダルを獲得した=ブダペスト(共同)  世界水泳の男子100mバタフライで銀メダルを獲得し、笑顔の水沼尚輝=24日、ブダペスト(AP=共同)  女子50メートル平泳ぎ準決勝のレースを終えた青木玲緒樹。決勝に進めなかった=ブダペスト(共同)

 混合400メートルリレーはオーストラリアが3分19秒38の世界新記録で勝った。女子50メートル平泳ぎ準決勝の青木玲緒樹(ミズノ)は全体11位で落選した。(共同通信)