与勝半島と平安座島を結ぶ全長約4・75キロの海中道路。美しい海が左右に広がりドライブルートとしても人気のこの道は、沖縄が日本復帰した50年前の1972年に開通した。長年の「しまちゃび(離島苦)」に苦しんだ島民の悲願を背負って誕生した海中道路には、その後も多くの島民や県民が夢を描いてきた。