「『復帰』50年写真展・沖縄写真の軌跡」(主催・すでぃる、同実行委員会、共催・沖縄タイムス社など)の出展者らによるシンポジウムが25日、那覇市民ギャラリーであった。写真作品の説明から、今後の沖縄を取り巻く写真の在り方などについて意見が交わされた。