米環境保護局(EPA)が、飲料水の有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)の生涯健康勧告値を大幅に引き下げたことを受け、水道水からPFASが検出されている県内では、抜本的な対策を求める声が高まっている。