明治安田J1第18節最終日(26日・豊田スタジアムほか=6試合)鹿島は1―1で名古屋と引き分けた。勝ち点34で、首位横浜Mとは3差。浦和は1―0で神戸を下し、今季初の2連勝とした。

 名古屋―鹿島 後半、ゴール前のハンドで同点のPKを与える鹿島・ディエゴピトゥカ(左から2人目)=豊田

 鳥栖は垣田の2得点などでFC東京に5―0と大勝し、勝ち点27。札幌は1―0でG大阪に勝ち、連敗を3で止めて同23とした。G大阪は4連敗。湘南は1―0で京都を破り、C大阪は1―1で清水と引き分けた。(共同通信)