サッカー明治安田生命J2第23節最終日は26日、各地で7試合が行われ、22位のFC琉球はタピック県総ひやごんスタジアムで6位のFC町田ゼルビアに0―1で敗れた。琉球は4連敗を喫し、通算成績は3勝6分け14敗。ナチョ・フェルナンデス監督の就任初戦を飾れなかった。

FC琉球-町田 前半、琉球のMFケルヴィン(左)が自陣ゴール前でボールをクリアする=タピック県総ひやごんスタジアム(名護大輝撮影)

 琉球は前半28分、左サイドのフリーキックから町田に先制された。ボール保持率は町田を上回り、後半39分にはMF清武功暉の右サイドからのFKをDF李栄直が頭で合わせる好機もあったが、町田の堅い守備を崩せなかった。

 次節は7月3日午後6時から東京の味の素スタジアムで東京ヴェルディと対戦する。