【東京】岸信夫防衛相は14日の記者会見で、全国で立地が進む風力発電設備がミサイルなどを感知する自衛隊のレーダーの支障となることが分かり、防衛省が一部の事業者に計画変更などを要請した件について「政府一丸となって取り組むべき課題で、自衛隊や米軍の運用に影響を及ぼす可能性もある」との見解を示した。