IHIは27日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)を退職した宇宙飛行士野口聡一さんが7月1日付でエグゼクティブ・アドバイザーに就任すると発表した。知見に基づき宇宙開発などについて助言してもらい、新たな事業や人材育成に生かす考え。

 野口聡一さん

 野口さんは1991年から96年まで石川島播磨重工業(現IHI)でエンジニアとしてジェットエンジンの開発や性能試験業務などを担当。その後、宇宙飛行士候補者に選ばれ、宇宙開発事業団(現JAXA)に入社した。(共同通信)