日用品の再利用に取り組む沖縄県八重瀬町のボランティア団体「ワイズスマイル〓ファクトリーモットノーマネー」はこのほど、琉球大学の学生寮で暮らす大学生向けに中古の衣類や日用雑貨を寄贈した。ボランティアメンバーの嘉数礼子さん、渡辺美奈子さんは「コロナ禍でも頑張っている学生を元気づけたい。品々が役に立てばうれしい」と話した。

琉大学生に衣類や雑貨を無料提供した八重瀬町のボランティアグループ「ワイズスマイルハートファクトリーモットノーマネー」メンバーら=5月26日、西原町・琉球大学

 贈呈式では、琉大病院介護支援ボランティアの寮務係の我那覇正治さん、高岡優実さん、琉大准教授の大湾知子さんが代表して引き取った。希望する学生に渡す予定。

 「ワイズスマイル-」は八重瀬町在住の子育て中の母親を中心に、古着や学用品、玩具、雑貨などの再利用に取り組んでいる。

※(注=〓は「ハート」)