経済産業省は28日、猛暑に伴う冷房利用の増加で29日も電力需給が逼迫する恐れがあるとして、東京電力管内に発令している電力需給逼迫注意報を継続すると発表した。26日の初発令から継続したままとなっており、注意報に基づく節電の呼びかけは27日、28日に続いて3日目となる。東京電力パワーグリッドは30日も管内で需給逼迫の可能性があるとして「需給逼迫準備情報」を出した。

 東京・銀座の交差点を横断する人たち=28日午後

 北海道、東北両電力管内への注意報の発令は見送った。注意喚起のため27日に需給逼迫準備情報を出していたが、29日の電力の供給余力を示す予備率が5%以上を確保できる見込みになったため。(共同通信)