【エルマウ共同】岸田文雄首相は28日(日本時間同)、ドイツ南部エルマウでの先進7カ国首脳会議(G7サミット)で、来年の広島サミットを5月19~21日に開催すると伝達し成功への協力を求めた。広島ほど平和への決意を示すのにふさわしい場所はないとして「核兵器の惨禍を人類が二度と起こさないとの誓いを世界に示す」と強調。G7首脳と平和のモニュメントの前で、国際秩序と価値観を守るための結束を確認したいと表明した。

 G7サミットが閉幕し、記者会見する岸田首相=28日、ドイツ・ミュンヘン(代表撮影・共同)

 G7は、広島でのサミット開催提案を歓迎するとの首脳声明を発表した。核保有国の米英仏を含むG7首脳がそろって戦争被爆地を訪れるのは初めて。(共同通信)