[未来支える]

沖縄タイムスの武富和彦社長(右)に寄付金を手渡す太名嘉組の名嘉太助社長(同2人目)と名嘉優常務(同3人目)、伊禮京太さん=28日、沖縄タイムス社

 総合建設業の太名嘉組(浦添市、名嘉太助社長)は28日、沖縄タイムス社を訪れ、県内の子どもの貧困解消に取り組む「沖縄こども未来プロジェクト」(代表・武富和彦沖縄タイムス社長)に100万円を寄付した。

 名嘉社長は、創業50周年記念事業の取り組みだとして「企業が受け皿となり、子どもが社会から見捨てられないような環境をつくりたい」と力を込めた。同社は同プロジェクトのほか、浦添市などの3市村にそれぞれ100万円を寄付した。武富社長は「たくさんの企業や個人の支えで、継続した支援ができる」と感謝した。