大人になって深みを知った童話の一つが、アンデルセンの「裸の王様」だった。王様は、詐欺師が織った「愚か者には見えない服」を着て、街に出る。人々は同調圧力に屈するように褒めたたえる。「王様は裸だ」。