沖縄タイムス+プラス プレミアム

必要性理解、「抑圧」批判 「共謀罪」沖縄県内政党の賛否割れる

2017年5月20日 09:19

 衆院法務委員会で「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰改正法案が可決され、沖縄県内では政府与党の自民・公明などが法案の必要性に理解を示す一方で、県政与党からは「数の横暴だ」など反発の声が上がった。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間