東京・赤坂の路上で2019年、貴金属買い取り業者が現金を強奪された事件で、実行犯に暴行し、現金約8千万円を横取りしたなどとして、強盗致傷と公務執行妨害の罪に問われた井上陵被告(29)の裁判員裁判で、東京地裁は29日、「共犯者の供述は信用できない」として強盗致傷罪は無罪とし、警察官への公務執行妨害罪で懲役10月の判決を言い渡した。求刑は懲役15年だった。

 東京地裁

 浅香竜太裁判長は、共犯者が一審では別の人物に指示されたと供述したのに、二審で被告の指示だと変遷させたとし「虚偽供述の危険がある」と判断した。(共同通信)