【宜野湾】飲料水に関する有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)の生涯健康勧告値を米環境保護局(EPA)が大幅に引き下げ、玉城デニー知事が「厳格化は大歓迎だ」とコメントしたことについて、宜野湾市の松川正則市長は「責任のなさに非常に憤りを感じた」と批判した。