海上自衛隊沖縄基地隊は28日、同基地所属で2等海曹の50代男性を懲戒免職処分とした。同日付。

沖縄県内(資料写真)

 2等海曹は今年1月28日と2月1日、酒気を帯びた状態で私有車を運転したとして道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで摘発された。「自暴自棄になった」と話しているという。

 同基地隊司令の森下治彦1等海佐は「誠に申し訳なく、厳正な規律の維持に努める」としている。