【キーウ共同】インドネシアのジョコ大統領は29日、ウクライナの首都キーウを列車で訪問し、ゼレンスキー大統領と会談した。モスクワでロシアのプーチン大統領とも会談を予定し、停戦実現への足掛かりを模索する。ロシアのウクライナ侵攻後、アジアの首脳が両国を訪問し首脳と会談するのは初めて。

 29日、ウクライナ・キーウでゼレンスキー大統領(右)と会談するインドネシアのジョコ大統領(インドネシア大統領府提供・共同)

 ゼレンスキー氏は会談後の記者会見で「黒海の封鎖解除と食糧輸出正常化の重要性で一致した」と述べ、ジョコ氏は侵攻を巡り、主権と領土の一体性の原則と、平和的解決の重要性を強調した。

 ジョコ氏は、11月にバリ島で開催されるG20サミットにゼレンスキー氏の対面での参加を招待した、と述べた。(共同通信)