【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は29日、急速な金融引き締めが米経済を減速させる恐れがあると認めつつ、「より大きな過ちは、物価の安定を取り戻せないことだろう」と高騰している物価の抑制を優先する姿勢を鮮明にした。

 FRBのパウエル議長(ゲッティ=共同)

 欧州中央銀行(ECB)が開いた討論会で語った。高インフレ抑制に向けたFRBの取り組みは「何らかの痛みを伴う可能性が高い」と警告し、「(成功の)保証はない。かなり難しいことは明らかだ」と強調した。

 米経済は「かなり力強い状態にある」ものの、需給の均衡が崩れていると指摘した。

 討論会にはラガルドECB総裁らも出席した。(共同通信)