大阪府富田林市の自宅で孫の小野優陽ちゃん(2)を放置したとして、保護責任者遺棄容疑で逮捕された祖母の無職小野真由美容疑者(46)ら2人が、優陽ちゃんが死亡した当日、同居する子どもと一緒に大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に行っていたと供述していることが30日、捜査関係者への取材で分かった。府警の司法解剖の結果、優陽ちゃんの死因は熱中症と判明した。

 大阪府警察本部=大阪市中央区

 府警によると、優陽ちゃんは29日午後4時20分ごろ、倒れているのが見つかった。小野容疑者らは29日午前5時ごろ自宅を出発しUSJに向かったと説明しており、約11時間放置した疑いがある。(共同通信)