「もちろん」  葛城(かつらぎ)さんは言った。「彼の親御さんが心配されるのは、当然の話です」 「……はい」  必要最小限の受け答えしかできないから、口にしたのはそれだけだったけど、ほんとうは、葛城さんよりもナンユウくん自身に言いたいことは、山ほどあった。