りゅうぎん総合研究所(伊東和美社長)とおきぎん経済研究所(東川平信雄社長)は30日までに、5月の県内景況を発表した。りゅうぎんは建設関連で民間工事の再開の動きから下げ止まりの動きがあり、観光も需要の高まりが見られることから「持ち直しの動きが見られる」と上方修正。