フォトジャーナリストの広河隆一氏(78)が5日から計画していた写真展は1日、中止が決まった。広河氏が性加害を謝罪しないまま活動を再開することに抗議の動きが広がり、会場の那覇市民ギャラリーが中止を申し入れた。

那覇市民ギャラリー入り口の「来週の展示会」の案内から、広河隆一氏写真展のポスターが取り外された=1日

 美底清順館長は1日、広河氏と面会して方針を伝えた。取材に対して「商業施設内にあり、ギャラリーの他の利用者もいる。混乱が生じる恐れがある」と説明した。広河氏も中止を受け入れた、との認識を示した。

 広河氏は長期間にわたり、複数の女性に対して性暴力やパワーハラスメントの加害をしたことが有識者による検証委員会で認定された。今回の写真展は加害が報道された2018年末以来3年半ぶりで、ロシアに侵攻されているウクライナの現状がテーマだった。