日本陸連は1日、世界選手権(15日開幕・米オレゴン州)の代表を追加で発表し、6月のダイヤモンドリーグで日本勢初優勝を果たした女子やり投げの北口榛花や男子200メートルの小池祐貴、同100メートルの坂井隆一郎ら計37人が名を連ねた。

 女子100メートル障害の青木益未や男子やり投げで2012年ロンドン五輪代表のディーン元気、同1万メートルの田沢廉らは初の代表入り。男子400メートルリレー要員として、既に100メートルで代表に決まっていたサニブラウン・ハキームや小池、坂井、柳田大輝、鈴木涼太らが選出された。(共同通信)