古典学や民俗学の研究者であり、歌人でもあった折口信夫のテキストは、日本語の機微を尽くして、その表現可能性を極限にまで拡張している。